株式会社コスモソニックツーワンの情報発信ブログです。

読書 2022



こんにちは。谷口です。

 

今年度も読書週間にあわせ、全社員に図書カードが支給されました。

 

今年は全国の出版社や書店などで、10月27日から11月23日の期間「 秋の読書推進月間(本との新しい出会い、はじまる。BOOK MEETS NEXT) 」が行われています。

 

本との新しい出会い、はじまる。 BOOK MEETS NEXT (book-meets-next.com)

 

1947年から続いている「読書週間」、2018年に認定された11月1日の「本の日」、各地の読書推進活動と連携した初めてのキャンペーンで、本の魅力を発信する取り組みとのことです。ちなみに本の日の11月1日は、「111」と本が並んでいるように見えるのでこの日を「本の日」と制定したとありました。なるほどですね。

 

そこで本の魅力や素晴らしさを私なりに考えてみました。

例えば小説やエッセーを読んで、ストーリーに入り込み展開を楽しむ、登場人物とシンクロして実生活では体験しえない経験をした気分になれる、一冊の本から、自分ではない誰かの人生を体験し、今まで感じたことのない感情に触れたり、考え方や知識を得ることができる。言葉のプロの書く文章から今まで使わなかった言葉や表現を学べたりすることが出来る等でしょうか。

 

今の時代、ごく限られた時間の中で自分に必要な情報を早く効率よく取り込みたいという人が多数だと思います。私もネットでわかりやすくまとまっているサイトから簡単に情報収集することが日常になっています。ですが、時には本を開きじっくりと時間をかけて文章を読み、考え、感じることをしてみてはどうでしょうか。

 

仕事でもプライベートでも、文章を書いたり、人前で話をしたりする機会は多かれ少なかれ誰にでもあります。その時にどんな言葉を使い、表現をするのかは、それまで自分が触れてきた言葉や体験から発せられるものだと思います。

以前どこかで読んだ文章で、「自分の考えをまとめて、伝えるというアウトプットを行うためには、これまでの自分の経験や勉強してきたことなどの大量のインプットがあってこそ」とあり、とても共感しました。

本からのインプットも大いに役立つのではと思います。

 

私も、思った通りの表現が自在に出来るようになれることを目指えして、コツコツと読書をしていきたいと思います。

書店で、作者の思い入れを感じるセンスある装丁の本を見ると、どんな内容が書かれているのかワクワクしますね。

皆さんも読書の秋、書店に行って気になる本を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

いまサザンカが綺麗です



輪行のすすめ

 

皆様こんにちは。 コスモソニック21 さすらう旅人、長野です。

今回は最近になって新しい旅のツールを手に入れたので、それを紹介したいと思います。

それは…

 

折り畳み自転車!

 

ルノーPLATINUM LIGHT8という小型・軽量・コンパクトな自転車です。

名前が示す通り、重量は※約8kgという軽さ! ※通常の自転車の半分くらいの重さです。

 

さて、これのどこが旅のツールかと言いますと、上の写真のように折りたたんで

バッグに入れることで持ち運びが簡単にできるのです!

 

これが折りたたんでバッグに入れたところです。

折りたたんだサイズは旅行用トランクと同じくらいの大きさ、重さになるので

このまま肩から下げて電車やバスに持ち込めます。

 

そして目的地に着いたら1分ほどで自転車を組み立てて乗ることができます。

旅先で自転車を使って楽々移動できるというわけです。

 

これを輪行と言います(; ・`д・´)b

 

 

例えば海まで電車で行って、海岸沿いをサイクリングしたり

高原サイクリングで上りはバスで、下りを自転車で降りてくるなんて事も。

おかげで旅の行動範囲が増えて、新しい楽しみも増えました。

 

つい先日は大洗の海岸沿いを走ってきましたが気持ち良かったです。

いつかは四国にあるサイクリストの聖地「しまなみ海道」を自転車で走ってみたいですね。

 

 

 

ビジネス文書研修

 

こんにちは。谷口です。

我が社は、技術研修だけでなく、ビジネススキルアップ研修も行っています。

コロナ禍になってから、研修室に集まって講義を聞いたりグループディスカッションをして発表したりという形式での実施が難しくなり、収束を願いながら延期していました。

ですが、コロナ収束を待っていたのでは見通しも立たず、それならリモートで講義をしましょうと再開することになりました。

 

今年は、「ビジネス文書研修」としてビジネス文章を作成するときに必要な文章表現力の基礎技術を学ぶことを目的に3回にわたり実施しました。

 

第1回は2月に、全員参加で実施し、第2回と第3回は5月と8月に参加希望を募っての開催でした。

2回目以降は皆さん日々忙しい中での夜開催だったので、少ない人数で和気あいあいになるかなと思っていたのですが、参加者多数で皆さんの学習意欲の高さに講師もより内容を充実させなくてはと気合いが入っていました。

学んだ内容は、第1回は「確実に伝わる文章の書き方」第2回は「主張と根拠がしっかりとした納得させる文章の書き方」第3回は「わかりやすく一目でわかる文章の構造」でした。

どの回も、日々の実務に役立つ内容だったと思います。

 

研修を通じ、ビジネス文書を作成する時に大切なのは、まずは読み手をよく理解して、何を求めているのかを察知すること。そのうえで「わかりやすく簡潔であること」「正確な情報であること」「立場や役割を理解していること」だと思いました。

 

コロナ禍になって、会話など対面でのコミュニケーションがどんどん減り、多くがメールをはじめとした文字ベースのコミュニケーションとなっています。そのなかで、文章力を磨き、ビジネス文書の作成スキルを身に付けることは、仕事を円滑に進めるためにとても大切なことだと思います。

 

私も、伝えたい情報を分かりやすく伝えられるよう続けて勉強していかなくてはと思いました。

 

ではまた(^^)/

 

花壇の花

 

親・家族孝行実施報告会

 

こんにちは。谷口です。

6/29(水)に親・家族孝行実施報告会を実施しました。

我が社の社員教育の心得のひとつに「感謝の心の第一歩として親・家族孝行をする」とあり、良い習慣を身に付け価値観を共有できる集団になることを目的として20年以上続けています。

 

昨年同様、リモートでの報告会となりましたが、ひとりひとりの家族を思う優しい気持ちが伝わってくるとても素敵なひとときとなりました。

 

3分という時間の中でめいめいが思うままに報告したのですが、仕事とは関係のない話を聞くのは久しぶりで、懐かしいような感覚になりました。

 

いつもながらみんな個性あふれる内容で、感心したり、共感したり、思わず笑ってしまったり、どのエピソードも温かいお話しばかりでした。

 

その中で私が思わずウルっときてしまったお話を紹介します。

ひとつはT係長が白内障の手術後のお母さんに「生まれて初めて朝の味噌汁を作ってあげた」こと。もうひとつは、新入社員Y君が初任給でご両親にご飯をご馳走して、その時にお母さんが、息子が給料をもらえるようになったことが嬉しくて泣いたというお話し。どちらも母目線で気持ちを想像して胸がジンとしました。

 

最後に社長から、「大切な家族に何かしてあげられるのはありがたいこと。出来るときに出来る範囲で感謝をあらわすことが大事」というお話がありました。

 

誰も皆、家族に支えられ働いていると思います。

いつかそのうちではなく、出来るときに、家族が喜ぶことを言葉や形で表していくことが大切だと思います。

私も両親が高齢となり、切実に思います。出来る親孝行を後悔しないようにしていきたいです。


来年の家族孝行発表会もどんなお話しが聞けるのか、今から楽しみです。

社屋のまわりにはこんな素敵なアジサイが咲いています

社内技術研修(TypeScript)を実施しました

 

こんにちは、オミです。

このたび自社でTypeScriptをお題として社内技術研修を実施しました。初心者向けで弊社社員が講師となって計3回行いました。コロナ禍ということもあり、リモートでの実施となりました。

TypeScriptとは何ぞやというところから始めて、TypeScript実行環境の構築、実際にTypeScriptのプログラムをコーディングするという流れで学習していきました。

資料も講師陣が分かりやすく作成してくれました。

 

 

分からないところがあればその場で質問しながら、気兼ねない雰囲気で進行しました。

オンラインということもあり、講師はうまくいっていない人の画面を直接見れないので少し大変そうでした。受講側も不慣れな部分もあったので画面の共有などオンラインならではの機能も今後はうまく活用していきたいです。

私自身受講してみた感想は、自社での研修なので気軽に質問できて、早く理解をすることができたところが良かったです。

 

何か新しいことを覚えることは大変でもありますが、楽しく学んでいきたいですね!

 

それではまた次回。

 

新年度【第36期】が始まりました

 

こんにちは。谷口です。

令和4年3月21日、第36期となる新年度を迎えました。

続くコロナ禍で、無事に社員全員元気で新しい期を迎えられたことを本当にうれしく思います。

 

3月の帰社日も昨年と同様リモートで実施し、社長より「36期事業発展計画発表」がありました。皆で集まっての開催は出来ませんでしたが、今後の方針・目標を共有する大事な時間となりました。

 

弊社は今年度、完全週休2日制となります。

休日となった第4土曜日は、有効に使っていきたいと思います。

 

今期も心新たに、目標達成に向けて、社員一丸となって頑張っていきます。

f:id:cosmosonic21:20220404160433j:plain

お向かいの保育所の桜が満開です

 

タイムトリップ その3

 

こんにちは。コスモソニック21長野です。

 

前回、前々回の社内報で紹介してきた昭和レトロを感じる場所を探し求める旅ですが、今回もすごい所に行ってきましたので、紹介したいと思います(; ・`д・´)

今回の舞台は神奈川県相模原市にある、「中古タイヤ市場 自販機コーナー」です!

ここは「レトロ自販機の聖地」と呼ばれる場所…さっそく行ってきました!

f:id:cosmosonic21:20220228154046j:plain

f:id:cosmosonic21:20220228154129j:plain

最初に目に飛び込んできた圧倒的な自販機の数々…総勢80台以上…!

普通の自販機でもここまでの数が並んでいるのは見た事がありません。  

おそらくは日本一でしょう。

f:id:cosmosonic21:20220228154224j:plain

f:id:cosmosonic21:20220228154310j:plain

今まで色々なレトロ自販機を見てきた私でも初めて目にするものがちらほら。

カレーやお茶漬けを自販機で売るという発想がすごい(;・∀・)

f:id:cosmosonic21:20220228154359j:plain

f:id:cosmosonic21:20220228154456j:plain

たまたま、オーナーらしき人が商品の入れ替えしているところに遭遇しました。

ラーメンやそば類は人気があるので、毎日何回か入れ替えしているようです。

f:id:cosmosonic21:20220228154528j:plain

f:id:cosmosonic21:20220228154611j:plain

毎度おなじみのハンバーガーかと思いきや、海老カツバーガーが売っていました。

せっかくなので買ってみましたが、熱々過ぎてしばらく開けられず。。。

味は良かったです。

 

他にもたくさんの珍しいものがあり、さすが聖地と呼ばれるだけの事はあるなと感じました。

観光地みたいになっているので、家族連れも多く、皆さんにもおすすめの場所です。

 

何十年も前から存在する自販機を前にして、昔の時代に思いを馳せつつ、懐かしい味を堪能するのもいいものですよ!